スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

スポーツ笑顔の教室実施一覧
(PDFダウンロード)

2018年  

2017年  

2016年  

2015年  

2014年  

2013年  

2012年  

2011年  

  • 2011_12
  • 2011_11
  • 2011_10
  • 2011_09

2018.02.13

福島県 南相馬市立原町第一小学校 5年1組

小林 弥生

夢先生
小林 弥生(サッカー)

photo

福島県南相馬市立原町第一小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元サッカー選手で日本女子代表としてアテネオリンピックに出場した小林弥生さん。
「ゲームの時間」では、小林さんがゲームを進行し、5年1組がチームとなってゲームに挑戦しました。
はじめは、クリア出来そうにないと弱気な雰囲気が漂う時間もあったように感じましたが、「どうしたらクリア出来るのか」を考え始めてからは、眼の色が変わり、最後はそれぞれの「個性」を活かした作戦でゲームをクリアしました。小林さんはゲームのまとめで「みんながこのゲームどうやったらクリア出来るかを、考えて行動することが出来た事が良かったと思います」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、小林さんがサッカーを始めたきっかけや、夢を叶えるまでの話を披露しました。「憧れ」の背中を追い続けて夢を叶えた小林さんですが、夢を叶えるまでには、沢山の困難があったと話を続けました。トークの時間のまとめでは「叶わなかった夢もあったし、叶えることが出来た夢もあったけど、いつでも 夢 があったからその時々を頑張ることが出来ました。努力とは考えて行動することだと思っています。考えて行動することで、少しずつ夢に近付いていくと思うので、頑張ってください」とメッセージを伝えました。

photo