スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.02.06

茨城県 神栖市立軽野小学校 5年2組

加藤 大志

夢先生
加藤 大志(サッカー)

photo

茨城県神栖市立軽野小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の加藤大志さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に加藤さんがドリブルのデモンストレーションを披露しました。自由自在にボールを操る巧みな技術と、ディフェンスを一瞬で置き去りにするスピードに児童は大盛り上がりでした。その後は、加藤さんと児童が一緒のチームになってゲームに挑戦しました。
いくつかのゲームに挑戦しましたが、どのゲームも意見を出し合い、協力することでゲームをクリアしました。ゲームの時間のまとめでは、「みんなで協力して意見を出し合ってクリア出来たので、これからも誰とでも助け合えるクラスでいてください」とメッセージを送りました。
「トークの時間」では、加藤さんがサッカーを始めたきっかけや、サッカー選手になるまでの話をしました。足が速いことが自分の武器だという事に気が付いてからは、自分の武器を活かせるように工夫した事などを話しました。まとめでは「沢山の人の支えのおかげで夢を叶えることが出来ましたが、まずは自分が夢に向かわないと夢は叶わないので、今からでも挑戦することをしてほしいです。そして、自分の武器を見つけて、仲間を大切にしながら夢に向かっていってください」とメッセージを伝えました。

photo

photo