スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2018.02.07

福島県 双葉町立双葉南小学校/双葉町立双葉北小学校 4~6年1組

立川 隆史

夢先生
立川 隆史(野球)

photo

福島県双葉町立双葉南小学校/双葉町立双葉北小学校4~6年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロ野球選手の立川隆史さん。
「ゲームの時間」では、初めに立川さんがデモンストレーションとしてバッティングを披露しました。ボールの軌道とスピードに児童達は驚きの声を上げていました。その後は立川さんと児童達が1つのチームとなりゲームにチャレンジしました。うまくいかない時は、皆で意見交換をし協力する事でゲームのクリアを目指していきました。まとめの言葉で立川さんは「コツコツと決めた作戦をやってみると上手くいった。だからこれからもまず挑戦してみることが大切。こういう場面がこれからもあると思うのでチャレンジして欲しい。」と35分間を振り返りました。 
「トークの時間」では、立川さんが野球を始めたきっかけや、挫折を乗り越えた話、夢を叶えるまでの話を披露しました。成長する為には努力と捉えるのではなく楽しく取り組めるように工夫することが大切だと伝え、嫌なこと、つらいことがあるかもしれないがそれには必ず意味がある、それが自分のプラスになり自分が変われるきっかけになると優しく語り掛けました。今の夢は「プロ野球のコーチ」と宣言し最後に、「失敗はマイナスではない。失敗は経験になる。大切なことは失敗をどのように活かすかが大切。失敗が成功になった時は経験と自信が得られる。」と児童達へメッセージを伝えました。

photo

photo