スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.02.02

茨城県 鉾田市立旭北小学校 5年1組

岡里 明美

夢先生
岡里 明美(バスケットボール)

photo

茨城県鉾田市立旭北小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元バスケットボール女子日本代表の岡里明美さん。
「ゲームの時間」では、岡里さんと児童たちが一緒になってゲームに挑戦。お互いにアイディアを出し合いながら、作戦を立て、協力してクリアを目指しました。 岡里さんは、「まずはみんなが楽しく元気に取り組んでくれた。みんなで作戦を立てて、クリアしよう!やるぞ!と集中して力を合わせることができていた。この力を合わせるということが、先生のバスケット人生の中でも大切なことだった」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、岡里さんが「バスケットボールの全日本選手になる」「実業団のヘッドコーチになる」という夢に向かって、勇気を持って挑戦をしたエピソードから、「不安だから、心配だからといって、やらなければ夢は叶わないし、近づいていかない。人生には晴れの日もあれば、雨の日もある。夢を持つこと・勇気を出すこと・感謝することの3つを忘れないで、夢に向かって進んでいって欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo