スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.01.31

茨城県 東海村立白方小学校 5年1組

柴村 直弥

夢先生
柴村 直弥(サッカー)

photo

茨城県東海村立白方小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
今回、夢先生を務めたのは日本や海外で活躍された元プロサッカー選手の柴村直弥さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に柴村さんが正確なキックを披露。児童が座っている上を浮き球のパスを通すと、児童から歓声があがりました。その後は、児童と柴村さんが一緒になってゲームに挑戦。みんなで力を合わせて見事、ゲームをクリアしていきました。ゲームの最後には柴村さんから児童に「上手くいかなかった時にはみんなで協力ができなかったよね。これから協力すればできる事がたくさんあるので、今日経験したことを生かして欲しい」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、柴村さんがサッカーに出会ってから、ヨーロッパでプレーするという夢を叶えるまでの話をしました。始めはリフティングが12回しかできなかった柴村さん。「それから毎日リフティングの練習をして最高回数をノートに書くようにした結果、1年後には200回出来るようになっていた」と毎日続ける事が大切なんだと実感したエピソードを披露しました。その後、プロサッカー選手になりヨーロッパでプレーするという夢を叶えた柴村さん。話の最後に「毎日積み重ねた事が自分の力になった。皆さんも一日一瞬を大事に積み重ねていけば夢に近づくことができます。」と伝えました。

photo

photo