スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.01.26

岩手県 陸前高田市立第一中学校 2年A組

伊藤 友広

夢先生
伊藤 友広(陸上競技短距離)

photo

岩手県陸前高田市立第一中学校2年A組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
今回夢先生を務めたのは、陸上400m×4リレーの選手としてアテネ五輪に出場した伊藤友広さん。
「ゲームの時間」の冒頭には、伊藤さんが早く走るコツを伝授、実際に皆で体験をしました。
その後は伊藤さんと生徒たちが一つチームとなってゲームに挑戦。うまくいかない時には皆で意見を出し合い、アイデアを合わせて協力して再度挑戦しました。伊藤さんは「皆で意見を出して目標に向かって協力する事ができた。一生懸命取り組む事ができたと思います。」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では、小学生の頃はプロ野球選手になりたいという夢を持っていたという話から、陸上との出会い、そしてアテネ五輪に出場してから現在までの話を披露しました。「自分の矢印を外に向けてみると好きな事や得意な事に出会える。実際にやってみると楽しかったり得意なものが見つかると思う。自分を知りたかったら色々なことに挑戦して色々な体験をしてみてほしい。夢を叶えるためにはただ頑張るのではなく、分析をして考えてみたり、目の前の目標から更に上の目標を達成させる事を目指してほしい。」というメッセージを送りました。

photo

photo