スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

岡部 紗季子先生のレポート

一覧へ

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.01.17

千葉県 旭市立飯岡小学校 5年2組

岡部 紗季子

夢先生
岡部 紗季子(体操)

photo

千葉県旭市立飯岡小学校5年2組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、体操競技で日本代表の経験を持つ岡部紗季子さん。
「ゲームの時間」冒頭には、デモンストレーションでロンダートから高さのあるバク宙、ムーンサルトを披露すると、児童達は驚きの表情をしていました。その後は、岡部さんと児童達が1つのチームとなりゲームにチャレンジしました。ゲームの時間のまとめでは「いろんな意見を出せて、すぐにまとめることもできていたので素晴らしい。」と伝えました。
「トークの時間」では、3歳で体操競技を始めた岡部さんが夢を持った時のきっかけや、辛くて苦しい時もあったけど、諦めずに頑張り夢に向かっていった話を披露しました。最後に、「夢のために努力しても、夢は叶わないかもしれない。でも、諦めないで続けることによって、夢と同じくらい大切な道を見つけることができる。諦めないで続けるということをトコトンやってほしいと思います」とメッセージを伝えました。

photo

photo