スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2017.12.21

宮城県 利府町立利府西中学校 2年3組

池田 めぐみ

夢先生
池田 めぐみ(フェンシング)

photo

宮城県利府町立利府西中学校2年3組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、アテネ・北京と2度のオリンピックに出場した経験を持つフェンシングの池田めぐみさん。
「ゲームの時間」では、池田さんと生徒たちが一緒に様々なゲームに挑戦しました。うまくいかない時はみんなで話し合い、成功に向かいましたゲームの時間のまとめでは「自然と肩を組んだりと仲の良さと団結力を感じました。今の関係をこれから先も続けていって下さい」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、池田さんがオリンピック選手になるまでの過程や、選手として引退した今の夢を持つまでの話をしました。小さい時にオリンピックに出たいと思ったけれど一度は夢を諦め、その後高校生の時にフェンシングに出会ってからは一気にのめり込み、大怪我を乗り越えてオリンピック選手になる夢を叶えました。
「夢は沢山あっていいし、変わってもいい。でも、夢があったからこそ、自分が人生で落ち込んだ時も乗り越えることができた。だからみんなも、"夢を楽しむ"気持ちで、ぜひ頑張っていって欲しい」とメッセージを送りました

photo

photo