スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2017.12.19

福島県 いわき市立平第一小学校 5年2組

梅田 翼

夢先生
梅田 翼(フットサル)

photo

福島県いわき市立平第一小学校の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは元フットサル選手のゴールキーパーとして活躍した梅田翼さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に梅田さんがドッヂボールを投げるデモンストレーションを披露。宣言通り、体育館の反対側にあるバスケットのボードに当たると児童から拍手が起こりました。その後は梅田さんとクラス全員が1つのチームになってゲームに挑戦。お互いの意見や気持ちを伝えながら課題にチャレンジし、失敗と成功を繰り返しました。ゲームの最後に梅田さんは「これから相手にどうしたら伝わるかを考えながら、チームワークを大切にして欲しい」と語りました。
「トークの時間」では、梅田さんがフットサル選手になるまでの話を披露。高校卒業まではサッカーをやっていた梅田さん。 中学生で片道1時間かかる場所に通っていた時には「サッカー選手になる」という夢が自転車をこぐのを手伝ってくれたと話しました。
高校卒業時に一度夢を諦めた梅田さんですが、友達がフットサルの大会に誘ってくれたのがきっかけで夢が「フットサル選手」に。まわりに無理だと言われながらも、努力を続ける事で24歳の時に見事、夢を叶える事ができました。
授業の最後には、「サッカーをしていた期間も無駄じゃなかった。みんなにもとにかく目の前の事に全力で取り組んでほしい。」と児童にメッセージを送りました。

photo

photo