スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2017.12.19

福島県 いわき市立平第一小学校 5年1組

井原 直樹

夢先生
井原 直樹(陸上競技400メートルハードル)

photo

福島県いわき市立平第一小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。夢先生を務めたのは、陸上ハードル競技の井原正樹さん。
「ゲームの時間」の冒頭にハードルのデモンストレーションを披露すると、児童からは歓声が上がり、児童の気持ちをがっちり掴みました。その後は、井原さんと児童が一緒のチームとなってゲームに挑戦しました。失敗を重ねながらも、意見を出し合い協力してゲームをクリアしました。
この時間のまとめでは「はじめは失敗していたゲームもみんなで協力することで、最後はクリアすることが出来ました」と協力することの大切さを伝えました。
「トークの時間」では、井原さんの小学生時代の話や陸上を始めたきっかけや、日本代表になるまでの話を披露しました。日本代表になるまでには悔しい思いも沢山ありましたが、限界を作らずにいっぱい失敗もしながら、小さな努力を積み重ねて日本代表になったと話を続けました。
トークの時間のまとめでは「自分に限界を作らずに、いっぱい失敗をしながら夢に向かっていってください」とメッセージを送りました。

photo

photo