スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2017.12.14

茨城県 鉾田市立上島東小学校 6年1組

臼井 裕二

夢先生
臼井 裕二(スノーボード)

photo

茨城県鉾田市上島東小学校6年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは日本スノーボード協会公認デモンストレーターの臼井裕二選手。
「ゲームの時間」では、臼井選手と児童が一緒のチームになってゲームに挑戦しました。途中うまくいかない時もありながらも、それぞれの個性を発揮してゲームをクリアしていく姿が印象的でした。
ゲームの時間のまとめでは「ルールの中でどうやったらクリア出来るかを考えること力を持っていると思いました。そしてチームが勝つために自分が何をするべきなのかを臨機応変に行動できたことも良かったと思います。何より一人ひとりの個性や良いところが出ていたことが良かったと思います」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、臼井さんがスノーボードを始めたきっかけや、夢を持った時の話等をしました。
憧れを持ったところから、強い意志を持って夢に進んでいった話をしました。
まとめでは「意志ある人に道あり。皆さんも憧れる存在を見つけて、憧れに近付けるように、自分の意志を持って夢に向かっていって欲しいと思います」とメッセージを伝えました。

photo

photo