スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

小山 雄輝先生のレポート

一覧へ

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2017.12.06

宮城県 亘理町立逢隈中学校 2年1組

小山 雄輝

夢先生
小山 雄輝(野球)

photo

宮城県亘理町立逢隈中学校2年1組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、東北楽天ゴールデンイーグルスの小山雄輝選手。
「ゲームの時間」では、小山選手と生徒たちが一緒にゲームに挑戦。どうしたらクリアできるか、意見を出し合い、相談を重ねながら、ゴールへと向かいました。
小山選手は、「失敗しても、そこで作戦タイムを繰り返したからこそ、色々な意見が出た。自分の意見に自信を持って、今後もクラスで仲良く協力して頑張って欲しい」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、小学5年で野球を始めた小山選手が、「プロ野球選手」「学校の先生」という二つの大きな夢に向かってきた自身の経験を語りました。
「夢は義務やプレッシャーではなく、わくわくすることや自分のパワーになることだと思って欲しい。自分も現在に至るまで、色々なことがあったが、最後は”仲間に恩返しをしたい”という気持ちでプロ野球選手になることを決めた。皆も色々な可能性がある。だからこそ、目の前の勉強やスポーツなども一生懸命頑張り、夢へと向かって行って欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo