スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2017.11.29

茨城県 日立市立大久保小学校 5年3組

佐藤 陽彦

夢先生
佐藤 陽彦(サッカー)

photo

茨城県日立市立大久保小学校5年3組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の佐藤陽彦さん。
「ゲームの時間」では、佐藤さんと5年3組の子どもたちがゲームで対決。様々な方法で勝とうとする佐藤さんに対して、クラス全員で力を合わせながら挑戦し、見事1つのゲームを勝利することが出来ました。佐藤さんはゲームを振り返りながら「最初はまとまらなかったけど、最後の作戦タイムではみんながとても真剣な表情でまとまったように感じました。これからもみんなで協力していけばもっと良いクラスになると思います」と伝えました。
「トークの時間」では、佐藤さんがプロサッカー選手になるまでの話を披露。中学生時代は特に夢や目標がなかったという佐藤さん。高校進学のタイミングで「部活動を3年間辞めない」という小さな目標を立てた事で、毎日が楽しく充実した日々を送ることが出来たと語りました。そして次の「試合に出続ける」という目標を達成した結果、高校卒業時にプロサッカー選手になることが出来ました。
話のまとめでは「目標がない時には毎日がつまらなかった。でも、小さな目標を持ったことで辛いことでも乗り越える事ができたし、毎日が楽しくなった。ぜひ皆さんにも夢や目標を持ってほしい」と伝えました。

photo