スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2017.11.24

宮城県 利府町立利府小学校 5年1組

松本 弥生

夢先生
松本 弥生(水泳)

photo

宮城県利府町立利府小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、リオデジャネイロオリンピックの400メートル自由形リレーで8位入賞をした競泳の松本弥生選手。
ゲームの時間」では、松本さんと児童たちが一緒のチームになってゲームにチャレンジしました。何度も失敗を繰り返しながらも最後はゲームをクリアしました。ゲームの時間のまとめでは「はじめはうまくいかなかったけど、みんなの思いやりがすごく良かったと思います。みんなの思いやりのおかげでゲームをクリアできたと思います」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、松本選手が水泳を始めた話から始まり、オリンピックに出場するまでの話を披露しました。
壁にぶつかった時にはコーチやまわりの人の支えで乗り越えることが出来たと話を続けました。トークの時間のまとめでは「私はオリンピックに出たいと思っていた時はオリンピックに出場出来ませんでした。オリンピックに出ると決めて取り組んだ時に出場すること出来ました。そして、諦めそうになった時のコーチの一言で夢を叶えることが出来ました。夢を諦めそうになった時には、まわりの人に相談することで解決策が見つかる時があるので、みなさんもまわりの人を大切にして、相談し合いながら夢に向かっていってください」とメッセージを伝えました。

photo

photo