スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

スポーツ笑顔の教室実施一覧
(PDFダウンロード)

2017年  

2016年  

2015年  

2014年  

2013年  

2012年  

2011年  

  • 2011_12
  • 2011_11
  • 2011_10
  • 2011_09

2017.09.13

茨城県 ひたちなか市立東石川小学校 5年2組

鈴木 一史

夢先生
鈴木 一史(総合格闘技)

photo

茨城県ひたちなか市立東石川小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、総合格闘技の鈴木一史選手。
「ゲームの時間」の冒頭、コンビネーションミット打ちを披露すると、その迫力に児童からは歓声が上がりました。その後は鈴木選手と児童が一緒のチームになってゲームにチャレンジしました。失敗することもありましたが、作戦会議をしてそれぞれの意見を出し合いながらゴールに向かい、ゲームをクリアしました。ゲームのまとめとして鈴木選手は「ゲームをクリアしたことも良かったけど、その事と同じくらいに、みんなで立てた作戦を守って協力しながらクリアできたことも良かったと思います」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、鈴木選手の幼少時代の話から総合格闘技でプロデビューするまでの話を披露しました。総合格闘技でプロを目指すまでは 「夢」を持っていなかった鈴木選手。夢を持ち、夢に向かう中で多くの仲間と出会い、仲間に支えられてプロデビュー出来たと話を続けました。授業のまとめでは「夢を持つことや夢をかなえる時期に早い遅いはありません。自分は、目の前の好きなことに対して全力で取り組み、本当にかなえたい夢を見つけました。そして、それまでの経験が糧となり、夢をかなえました。みなさんも仲間を大切にして、自分の好きなことや夢に正直に進んでいってください」とメッセージを伝えました。

photo

photo