スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2017.09.07

青森県 おいらせ町立百石小学校 5年松組

森田 智己

夢先生
森田 智己(水泳)

photo

青森県おいらせ町立百石小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、アテネオリンピックで、競泳100m背泳ぎ、メドレーリレーで銅メダルを獲得した森田智己さん。
「ゲームの時間」では、森田さんと児童達が一つのチームになってゲームに挑戦しました。初めはなかなかうまくはいかず、どうしたらクリアできるかを皆で話合い、作戦を立てて挑みました。まとめの言葉で森田さんは、「集中したら簡単なことだったね。皆はとても力を持っている、一人でやろうとしてもできない事は皆で力を合わせればできる。協力をして一つのことを成し遂げる大切さを忘れずに、これからも頑張ってほしいと思います」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では、水泳を始めた頃の話から、オリンピックに出てメダルを獲るまでの話を披露。オリンピックに出てメダルを獲るために、自分自身努力をし続けたが、自分の水泳を応援してくれる人もたくさんいた。「本気の夢には本気の応援団がついてきてくれる。皆も夢や目標に向かってチャレンジしてほしい」というメッセージを送りました。

photo

photo