スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2017.07.11

宮城県 山元町立山下小学校 5年1組

森 友紀(アルティメット)

夢先生
森 友紀(アルティメット)(アルティメット)

photo

宮城県山元町立山下小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、アルティメット元日本代表で日本代表監督としての経験も持つ森友紀さん。
「ゲームの時間」の冒頭にはフライングディスクを投げるデモンストレーションを披露しました。その後は、児童と森さんが一緒のチームになってゲームにチャレンジ。はじめはチみんなの息が合わずに、失敗を重ねましたが、目標をたて作戦を考えて、その作戦を基にゲームにチャレンジすることでゲームをクリアしました。まとめでは森さんが「このクラスは良い作戦やアイディアを思いつける力を持っているので、意見がまとまった時の力がすごい力になったと思います。今後も色々な活動に活かしていって欲しいです」と感想を伝えました
「トークの時間」では、森さんが夢を持ったきっかけや、夢を叶えるまでの話を披露しました。
夢を叶えるまでに感じた事や、具体的にどんなチャレンジをしてきたのかを児童に伝えました。
トークの時間のまとめでは「夢に向かう時に自分を信じることが出来るかどうかはとても大切です。自分を信じるためには、自分との約束を守る事です。今夢を持っている人は、その夢を叶えた時の景色が見えるか夢を描いてください。その景色を見る為にチャレンジと振り返りをしながら夢に向かっていってください。まだ夢がない人は焦ることは無いです。夢が見つかった時に、恐れずにチャレンジできるように目の前のことにチャレンジできる人になって下さい」とメッセージを送りました。

photo

photo