スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2017.07.07

岩手県 山田町立豊間根中学校 3年A組

城内 史子

夢先生
城内 史子(ウエイトリフティング)

photo

岩手県山田町立豊間根中学校3年A組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、ウエイトリフティングで世界選手権に出場した経験を持つ城内史子さん。
「ゲームの時間」では、生徒と一緒に全力でゲームにチャレンジ。ゲームの時間のまとめでは「みんなで意見を出し合って本気で取り組めたことが良かったと思いました」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、城内さんが中学生の頃の話からウエイトリフティングに出会い、夢を持ち、夢に向かう中での話を披露。人と比べて自信を無くしていた時もあったが、ある時「自分は自分で良いんだ」と自分の個性を認められるようになってからは「人と比べないで、自分との約束を立てて自分に勝てるように」と気持ちを切り替えて夢まで進んでいったそうです。
トークの時間のまとめでは「私は、困難に遭遇した時に夢があったから頑張れました。夢を持ったらその夢にどうやったら近付けるか考えて困難を乗り越えてきました。夢は、人と比べるものではないので、支えてくれている人たちを大切にしながら夢に向かって進んでいってください」とメッセージを伝えました。

photo

photo