スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2017.07.06

福島県 田村市立西向小学校 5年1組

奈良 秀明

夢先生
奈良 秀明(タッチラグビー)

photo

福島県田村市立西向小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、タッチラグビー日本代表の奈良秀明選手。
「ゲームの時間」では、、初めに奈良さんがデモンストレーションとしてステップを披露しました。素早い動きとフェイントに児童達は驚きの声を上げていました。その後は、奈良さんと児童達が1つのチームとなりゲームにチャレンジしました。うまくいかない時は、皆で意見交換をし協力する事でゲームのクリアをしていきました。まとめの言葉で奈良さんは「あと1歩のところで出来そうな時はよくある。そこであきらめずにチャレンジすることが大切。」と35分間を振り返りました。 
「トークの時間」では、奈良さんがタッチラグビーを始めたきっかけや、挫折を乗り越えた話、夢を叶えるまでの話を披露しました。どんな時も自分らしくいることが大切だと伝え、観ること、練習すること、また観て、練習し改善を繰り返ししていくことで成長出来ると熱く語り掛けました。最後に、今の夢は「ワールドカップ決勝進出」と宣言し、「苦しい時、つらい時にそのままでは何も変わらない。少しの1歩でも踏み出すことで1歩になる。自分を信じて夢に向かうことが大切。夢はいつ持ってもいい。たくさん持っていい。」と児童達へメッセージを伝えました。

photo

photo