スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2017.06.29

宮城県 多賀城市立多賀城小学校 5年3組

佐伯 美香

夢先生
佐伯 美香(ビーチバレー)

photo

宮城県多賀城市立多賀城小学校5年3組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、バレーボールとビーチバレーで合わせて3度のオリンピック出場経験を持つ、佐伯美香さん。
「ゲームの時間」では、佐伯さんと児童たちが一緒になってゲームに挑戦。難しいゲームでしたが、どのようにしたら成功するか、作戦を立てて、何度も諦めずにクリアを目指しました。
佐伯さんは、「みんなのクリアしたいという気持ちが、声に表れていた。みんなで協力し、アイディアを出し合うと、諦めずに頑張ることができる」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、小学5年生でバレーボールを始めた佐伯さんが、高校に進学する際には地元を離れ、寮生活を送って練習に励んだこと、そしてその中で感じた「感謝」の気持ちや、実業団に入って調子が上がらない時でも、「自分を信じる」という気持ちを持って、諦めずに挑戦をしたという自身の経験を語りました。
「小さい目標を達成していくと、次第に大きな目標や夢に出会う。そんな時に、感謝の気持ち・諦めない気持ち・そして自分を信じて挑戦する気持ちを持って、その夢を掴んでほしい」とメッセージを伝えました。

photo