スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2017.06.08

茨城県 鹿嶋市立豊郷小学校 5年1組

秋田 豊

夢先生
秋田 豊(サッカー)

photo

茨城県鹿嶋市立豊郷小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生は鹿島アントラーズや日本代表で活躍をしたサッカーの秋田豊さんが務めました。
「ゲームの時間」では、児童と秋田さんが一緒のチームになってゲームに挑戦しました。ゲームに挑戦する中でうまくいかない時はみんなで考えを出し合いながら作戦を立ててゴールに向かいました。ゲームの時間のまとめとして秋田さんは「ルールの中で協力しながら、全員で考えを出し合ってゲームをクリア出来たことがとても良かったともいます」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、秋田さんがサッカー始めたきっかけや、日本代表になるまでの話をしました。学校の先生に誘われてサッカーを始め、高校でも先生の誘いでサッカーを続けた秋田さんは【人との出会い】の大切さを感じたそうです。また、選手として生き残っていく為には「自分の武器」を持つことが必要と考えて、ヘディングを人一倍練習したことや、ケガで長期の離脱を余儀なくされた時には、家族や支えてくれている人の大切さを感じたと話しを続けました。【人との支え】があって落ち込んでいた気持ちが前向きになり【考え方を変えて、今しかできないことを全力で頑張ろう】と努力を重ね、日本代表に復帰しました。
トークの時間のまとめでは「夢を持って夢に向かうことで目標が出来ます。僕にとって目標に向かって日々努力することはとても楽しい事でした。皆さんも夢を持ったら目標を作って、自分というものを持ちながら、人との出会いや、人の言葉を大切にして、それぞれの夢に向かって進んで行って下さい」とメッセージを伝えました。

photo

photo