スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2017.06.09

青森県 八戸市立桔梗野小学校 5年2組

城内 史子

夢先生
城内 史子(ウエイトリフティング)

photo

青森県八戸市立桔梗野小学校5年2組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、ウエイトリフティングの城内史子さん。
「ゲームの時間」では、城内さんと児童達が一緒に様々なゲームに挑戦しました。難しいゲームではなかなか上手く行きませんでしたが、作戦会議で意見を出し合い協力することで最後は見事にクリアすることができました。 ゲームの時間のまとめでは「出来なかった時に誰かを責めることをしなかったのが素晴らしい。一生懸命頑張ったからこそ、クリアした時は嬉しいし、失敗したら悔しい。今から色々なことがあると思うけど、みんなで協力をすれば、出来なかったことも出来るようになる。」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、城内さんがどのようにウエイトリフティングと出会い、夢に向かって進んで行ったかという話をしました。小3でケーキ屋さんになりたいと夢を持った城内さん。夢を持つたびに「考えて・チャレンジ」することをしてきました。高2でウエイトリフティングと出会い、今現在も夢に向かっている城内さん。「夢は始めからあった訳ではない。今は夢が無くても大丈夫。夢は人と比べるものでもないし、どんどん変わってもいい。
夢を持ったら、夢に向かって考えてチャレンジしてほしい。そして夢に向かって頑張っている人に出会ったら応援してほしい。」とメッセージを伝えました。

photo

photo