スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

スポーツ笑顔の教室実施一覧
(PDFダウンロード)

2017年  

2016年  

2015年  

2014年  

2013年  

2012年  

2011年  

  • 2011_12
  • 2011_11
  • 2011_10
  • 2011_09

2017.03.21

宮城県 利府町立しらかし台中学校 2年3組

久光 邦明

夢先生
久光 邦明(フットサル)

photo

宮城県利府町立しらかし台中学校2年3組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、フットサルの久光邦明さん。
「ゲームの時間」では、久光さんと生徒達がチームになり、ゲームの課題に挑戦していきました。上手くいかないときはアイデアを出し合って再挑戦。ゲームの時間のまとめでは「みんなはやればできるけど、自分を出す事が出来ていない。考えを表に出さないと、そしてみんなで1つにならないとゲームをクリアするのは難しい。人の意見聞くこと、自分に意見を伝えるということをしっかりできるようになってほしい。」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、久光さんがサッカーに出会ってから、夢を叶えるまでの話をしました。小1からサッカーを始め、高3でフットサルに出会い、いくつもの壁を乗り越えフットサル選手になる夢を達成しました。「アドバイスやきっかけをくれる人は必ず出てくるから、その人たちに恩返しをしてほしい。そしてみんながアドバイスやきっかけを与える人になってほしい。」とメッセージを伝えました。

photo

photo