スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

スポーツ笑顔の教室実施一覧
(PDFダウンロード)

2017年  

2016年  

2015年  

2014年  

2013年  

2012年  

2011年  

  • 2011_12
  • 2011_11
  • 2011_10
  • 2011_09

2017.03.21

宮城県 利府町立しらかし台中学校 2年2組

川邉 隆弥

夢先生
川邉 隆弥(サッカー)

photo

宮城県利府町立しらかし台中学校2年2組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、海外や日本で活躍したサッカーの川邉隆弥さん。
「ゲームの時間」では、冒頭のデモンストレーションでおよそ20メートル離れた的を目掛けてキックに挑戦。限られた回数の中で見事、的に当てることが出来た瞬間拍手が起こり一気に生徒達の気持ちを掴みました。その後は川邉さんと生徒達が一緒になってゲームに挑戦。うまくいかない時はみんなで意見を出し合い作戦を立ててチャレンジをして見事クリアすることができました。 ゲームの時間のまとめでは「色々な意見が出たのは良かった。近くの人にだけ意見を伝えて小グループで話をするのではなく、みんなに伝えられたらもっと良かったと思う。みんなに伝えるということを出来るようにしていこう。」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、川邉さんがサッカーに出会ってから、夢を叶えるまでの話をしました。小1からサッカーを始め、小5で夢を持った川邉さん。その後、どんなことがあっても、自分で決めたことはやり続けることでプロサッカー選手になる夢を達成しました。「悩むこと、目標を立てるなど難しいことがあるかもしれないけど、目標を立てて自分で決めて行動すれば、必ず夢に近づくことができる。」とメッセージを伝えました。

photo

photo