スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2017.02.20

岩手県 岩泉町立安家小学校 1~6年1組

立川 隆史

夢先生
立川 隆史(野球)

photo

岩手県岩泉町立安家小学校1~6年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、千葉ロッテマリーンズなどで活躍された野球の立川隆史さん。
「ゲームの時間」では、始めに立川さんがバッティングを披露しました。そのあまりの迫力に児童達からは大きな歓声が上がっていました。その後は立川さんと児童達が一緒にゲームに挑戦し、楽しい時間を過ごしました。ゲームの終わりに立川さんは、「はじめから全部のゲームをクリアできたわけではなかったです。失敗したこともたくさんありました。でも、諦めないで失敗から多くの事を学びながらクリアできたことがとてもよかったと思います。」と児童達に感想を伝えました。
「トークの時間」では、立川さんがプロ野球選手になるまでの話をしてくれました。小学校3年生で野球を始めた立川さん。先生に言われた一言が悔しくて、見返してやろうと努力を重ねました。高校3年生の時に甲子園出場はなりませんでしたが、日々の積み重ねが夢に繋がったと話し、「夢や目標に向かっていく中で大切なのは日々の積み重ね。人の目が届くときに頑張ることはできるけど、人が見ていない時でも頑張れるかが大事なこと。必ず努力は誰かが見ているから、みんなも日々努力を積み重ねていってほしい」とメッセージを送りました。

photo

photo