スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

スポーツ笑顔の教室実施一覧
(PDFダウンロード)

2017年  

2016年  

2015年  

2014年  

2013年  

2012年  

2011年  

  • 2011_12
  • 2011_11
  • 2011_10
  • 2011_09

2017.02.03

千葉県 旭市立飯岡小学校 5年1組

鈴木 由路

夢先生
鈴木 由路(ハンググライダー)

photo

千葉県旭市立飯岡小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、ハンググライダーの鈴木由路選手。
「ゲームの時間」では、鈴木選手と児童が一緒に様々なゲームに挑戦しました。全員で作戦を立てながら繰り返し挑戦する事で、自分たちの記録をどんどん更新する事の出来た児童に鈴木選手は「機転を利かせて声掛け合っていたのが素晴らしいと感じた。これからもそれを続けていけば、色々な行事でも上手くいくと思います」と感じたことを伝えました。
「トークの時間」では、鈴木選手が小学生の頃に持った「空を飛びたい」という夢を叶え、現在も世界大会に出場している話を披露。高校生の時にハンググライダーに出会い、大学生で空を飛ぶという夢を実現した鈴木選手。「日本代表になりたい」という次の夢を叶える為に、自分の夢を色んな人に話し、先輩からアドバイスをもらったと語りました。現在は世界大会でメダルを獲るという夢に向かって挑戦する鈴木選手。話の最後には「夢を叶えるために大切なことは、夢を口に出すこと。自分はこうなりたいと人に話すことでまわりの人が応援してくれるようになる。そうすれば、いつか必ずチャンスがやってくる。そのチャンスを掴んで欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo