スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

スポーツ笑顔の教室実施一覧
(PDFダウンロード)

2017年  

2016年  

2015年  

2014年  

2013年  

2012年  

2011年  

  • 2011_12
  • 2011_11
  • 2011_10
  • 2011_09

2017.02.07

宮城県 石巻市立桃生小学校 5年1組

WINDY 智美

夢先生
WINDY 智美(総合格闘技)

photo

宮城県石巻市立桃生小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、総合格闘技のWINDY智美さん。
「ゲームの時間」では、WINDYさんと児童が一緒のチームになってゲームにチャレンジしました。
始めはなかなかクリアできませんでしたが、全員で力を合わせて、最後はゲームをクリアしました。ゲームの時間のまとめでは「段々とまとまって最後はゲームをクリア出来て良かったと思います。この経験をこれからの生活にも活かしていってください」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、WINDYさんが総合格闘技を始めたきっかけやプロの格闘家になるまでの話を披露しました。対戦相手を求めて海外に渡り、体格の違いにショックを受けながらも、自分の武器を磨いたことや、着々と力をつけて世界タイトルを狙っていた矢先に大ケガをしてしまった体験などを通じて感じたことを児童に伝えました。
まとめの言葉では「夢に向かう中で、苦しい時も沢山あったけど、その時にあきらめなかったのは、夢があったからです。そして、まわりの人の助けがあったので頑張ることが出来ました。皆さんも苦しい人を見た時に助けてあげることの出来る人になって、夢に向かって進んでいってください」とメッセージを伝えました。

photo

photo