スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

大島 建先生のレポート

一覧へ

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2017.01.31

岩手県 宮古市立川井中学校 2・3年1組

大島 建

夢先生
大島 建(野球)

photo

岩手県宮古市立川井中学校の2.3年生の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」実施しました。
夢先生を務めたのは、トヨタ自動車東日本 硬式野球部所属の大島健選手。
「ゲームの時間」の冒頭には、キャッチボールとバッティングのデモンストレーションを披露しました。バッティングのスイングスピード、そして打った瞬間の音と迫力に生徒は興奮した様子で歓声を上げていました。その後は、生徒と大島選手が一緒のチームになってゲームにチャレンジ。何度も失敗をしながらも作戦を考えてゲームをクリアしていきました。
ゲームの時間のまとめでは「みんなで意見を出し合ってクリア出来た事と、チームワークが抜群に良かったことが印象に残りました」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、大島さんが夢を持ったきっかけや、夢に向かう中での話をしながら、「チャレンジし続けることの大切さ」や「目標設定の仕方」などをポイントに話を進めました。トークの時間のまとめでは「自分自身の今までを振り返っても、夢や目標がある時は、苦しいことも頑張ってこれたと思います。次の夢に向かって僕もまだまだチャレンジしていきますので、みなさんもそれぞれの夢に向かってチャレンジしていってください」とメッセージを伝えました。

photo

photo