スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

スポーツ笑顔の教室実施一覧
(PDFダウンロード)

2017年  

2016年  

2015年  

2014年  

2013年  

2012年  

2011年  

  • 2011_12
  • 2011_11
  • 2011_10
  • 2011_09

2017.01.20

福島県 いわき市立平第六小学校 5年1組

中島 浩司

夢先生
中島 浩司(サッカー)

photo

福島県いわき市立平第六小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、サッカーの中島浩司さん。
「ゲームの時間」では、中島さんと児童たちがゲームに挑戦。お互いにアイディアを出し合いながら、全員で心を一つにしてチャレンジをしていました。
中島さんは、「自分の意見を話すことはとても難しいこと。でも、皆は話をしたり、そして友達の話に耳を傾けることがとても上手だと思った。"絶対にクリアするぞ!"という気持ちを持って、真剣に取り組んだからこそみんなで楽しむことができた」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、体を動かす事が好きで、好奇心旺盛だったという中島さんの少年時代の頃の話から始まりました。中学生になって、友人からイタリア・セリエAの試合のビデオを借りたことをきっかけに、「サッカー選手になりたい」という夢を持ったという中島さん。高校進学と共に、思い切って家を離れ、大阪から仙台の高校に進学。「思い切ってチャレンジをしたことで、夢だったプロサッカー選手になることができた」と中島さんは振り返ります。
「一歩踏み出してチャレンジをすること、そして落ち込んだ時こそ前向きになることを大切にして欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo