スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.12.20

福島県 いわき市立好間第四小学校 5・6年1組

大山 峻護

夢先生
大山 峻護(総合格闘技)

photo

福島県いわき市立好間第四小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、総合格闘技の大山峻護さん。
「ゲームの時間」では、大山さんと児童達が1つのチームとなりゲームに挑戦しました。うまくいかない時は、皆で意見交換をしアイデアを合わせ、協力する事でゲームをクリアしていきました。まとめの言葉で大山さんは「チームワークとは心を1つにすること。今日学んだことをこれからに活かしていって下さい。」と35分間を振り返りました。
「トークの時間」では、大山さんが総合格闘技を始めたきっかけや、夢を叶えるまでの話を披露しました。夢に向かって自分なら「できる」と思って行動しチャレンジすることが大切だと伝え、周りの一言で人生が変わったと困難な時には家族や仲間が助けてくれたと熱く語り掛けました。最後に「マイナスや失敗することも経験。すべては自分の宝になる。失敗はたくさんしていいので、あきらめずに夢に向かってチャレンジしてほしい。」と児童達へメッセージを伝えました。

photo

photo