スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

スポーツ笑顔の教室実施一覧
(PDFダウンロード)

2016年  

2015年  

2014年  

2013年  

2012年  

2011年  

  • 2011_12
  • 2011_11
  • 2011_10
  • 2011_09

2016.12.13

茨城県 鹿嶋市立高松小学校 5年1組

出島 茂幸

夢先生
出島 茂幸(スケート)

photo

茨城県 鹿嶋市立高松小学校5年1組の児童を対象に「スポーツこころのプロジェクト」を実施しました。
夢先生を務めたのはバンクーバーオリンピックに出場したスピードスケートの出島茂幸さん。
「ゲームの時間」では、出島さんと児童がチームになりゲームに楽しく挑戦しました。なかなかうまくいきませんでしたが、作戦タイムを重ねて最後は見事にクリアすることができました。まとめで出島さんは最初はバラバラでうまくいかなかったけど、お互いに協力できれば成功すること亜ができます。それを覚えておいてください」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、5歳でスケートを始めた出島さんが、オリンピックに出るまでの話を披露しました。記録が出た時に調子に乗って、うまくいかなくなってしまったりした事もありましたが、復習と予習が大切だと自分に言い聞かせて繰り返し、夢に挑戦した出島さんは児童に「復習と予習を繰り返して挑戦してもらいたい。全てが上手くいくとは限らないが、復習と予習を繰り返すことは、必ず次につながっていくので大切にしてもらいたい」とメッセージを伝えました。

photo

photo