スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.12.01

宮城県 東松島市立赤井小学校 5年1組

下村 東美

夢先生
下村 東美(サッカー)

photo

宮城県東松島市立赤井小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、セレッソ大阪やジェフ千葉で活躍したサッカーの下村東美さん。
「ゲームの時間」では、まず初めに下村さんがデモンストレーションとしてリフティングとシュートを披露しました。迫力満点のシュートを目の当たりにした児童は歓声を上げながら大喜びでした。その後は、下村さんと児童達が1つのチームとなりゲームにチャレンジしました。ゲームの時間のまとめでは「みんなの意見がまとまった時はすごい大きな力になるので、今後何かに直面した時には、今日のことを思い出して下さい。」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、下村さんがサッカーを始めたきっかけや、夢を叶えるまでの話を披露しました。心無い言葉を言われたときに親の言葉で支えてもらい感謝したことや自分はまだまだ出来る、先があると成長を止めない、謙虚な気持ちを持つことが大切だと優しく語り掛けました。最後に、「いいことばかりではなく、色んな困難や競争があると思うけど、夢の為に逃げないで立ち向かってほしい。大切なことは1日1日の積み重ね。夢への近道は目先のことをコツコツ続けること」と生徒達へメッセージを伝えました。

photo

photo