スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2016.11.28

福島県 南相馬市立石神第一小学校 5年1組

石野 枝里子

夢先生
石野 枝里子(スケート)

photo

福島県南相馬市立石神第一小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、トリノオリンピックに出場したスピードスケートの石野枝里子さん。
「ゲームの時間」では、石野さんと児童達が一緒にゲームに挑戦。なかなかうまくいかないゲームも、みんなで協力し、何度も話し合うことによって最後は見事に課題をクリア。有意義な時間を過ごしました。
「トークの時間」では、石野さんが夢について自身の実体験をもとに語ってくれました。3歳でスケートを始めた石野さんでしたが、初めはスケートがきらいで陸上が好きでした。しかし中学校ではスケートにのめり込み、どんどん本気になっていきました。そこから夢を持ちオリンピックに出場できたのは、苦しい時にいつも夢を思い出して努力を続けていたからと話し、「夢に向かっていく中で大切なのは、苦手な事でも挑戦すること。そして、夢を人に伝えることだと思います。まだ夢がない人は色々なことに挑戦してほしい。将来自分は一生懸命やってきたと言える人になってください」とメッセージを送りました。

photo

photo