スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.11.21

福島県 川俣町立川俣小学校 5年2組

勅使川原 郁恵

夢先生
勅使川原 郁恵(スケート)

photo

福島県川俣町立川俣小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、ショートトラックスピードスケートで、長野(1998)、ソルトレイク(2002)、トリノ(2006)の3大会連続でオリンピック出場を果たした勅使川原郁恵さん。
「ゲームの時間」では、勅使川原さんと児童が一緒のチームになってゲームに参加しました。
一緒に体を動かした後のゲームの時間のまとめでは、「みんなで一つの目標に向かって、目標を達成できた時の今のこの気持ちを忘れずにいて欲しいと思います」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、勅使川原さんが、夢を持ったきっかけや、夢をかなえるまでの話を披露しました。スケートを始めてから、中学生で日本一になった時の話や、オリンピックに出た時のことを振り返りながら「大好きなことを続ける」「コツコツ努力する」「あきらめない」をキーワードに話を進めていきました。児童に向けてまとめでは、「今好きなことを大切に、感謝の気持ちを持って、色々なことにチャレンジしていってください」とメッセージを送りました。

photo

photo