スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2011.11.10

宮城県 気仙沼市立新城小学校 5-1

鈴木 徹

夢先生
鈴木 徹(陸上)

photo

宮城県気仙沼市立新城小学校の5年生の児童を対象に行われた「スポーツ笑顔の教室」。夢先生を務めたのは、義足の走り高跳び選手で、シドニー(2000年)、アテネ(2004年)、北京(2008年)の3大会連続でパラリンピック出場を果たしている鈴木徹選手。
鈴木選手は、子どもたちの目の前で義足を付け替える様子を見せ、「誰にでも思いがけず辛い出来事が起こることがある。自分も事故で足を失ってみんなと傷の深さは変わらない。でも過去には戻れないし、前に進むしかない。そんな時、やりたいことを持っていてほしい」と熱く子どもたちに語りかけました。

photo

photo