スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.11.15

青森県 八戸市立多賀台小学校 5年1組

須藤 大輔

夢先生
須藤 大輔(サッカー)

photo

青森県八戸市立多賀台小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのはヴァンフォーレ甲府などで活躍した元プロサッカー選手の須藤大輔さん。
「ゲームの時間」では、最初に須藤さんがリフティングを披露すると児童から歓声が起こりました。その後は須藤さんと児童たちが1つのチームとなりゲームに挑戦。チームワークの良い児童はどんどんゲームをクリアしていき、3つのゲームすべてクリアする事が出来ました。一緒に活動した須藤さんは「みんなのチームワークが非常に素晴らしかった。でもこれから先、ひょっとしたら負けたりクリア出来ない事もあるかもしれない。その時は全力を出したかどうかを自分に聞いてみて欲しい」と伝えました。
「トークの時間」では、須藤さんがサッカーを始めてからプロサッカー選手として活躍するまでの話を披露。いつも大事な時に病気や怪我で思うようなプレーが出来なかった須藤さん。苦しい時期に支えてくれた仲間や家族、先生がいたから乗り越える事が出来たと語りました。「様々な苦労や挫折を乗り越えて立つ事の出来た初めてのJ1のピッチの事を今でも覚えている」と当時を振り返りながら「J1の舞台に立った時、自分がやってきた事は間違いじゃなかったと思えた。みんなも夢が見つかったら、諦めずに続けて欲しい」と伝えました。

photo

photo