スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.11.14

福島県 川内村立川内小学校 5・6年1組

高橋 一馬

夢先生
高橋 一馬(アイスホッケー)

photo

福島県川内村立川内小学校5.6年の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロアイスホッケー選手の高橋一馬さん。
「ゲームの時間」では、高橋さんと児童達が1つのチームとなりゲームに挑戦しました。うまくいかない時は、皆で意見交換をしアイデアを合わせ、協力する事でゲームをクリアしていきました。まとめの言葉で高橋さんは「みんなが意見を出し合って協力したことによって、はじめはクリア出来そうにないゲームもクリアすることが出来たと思います。失敗したことから次へのヒントを見つけてクリアに近付けたのは、このゲームの時間以外でもとても大切な事なので、今後に活かしてください」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、高橋さんがアイスホッケーを始めたきっかけや、夢を叶えた話を披露しました。
夢を叶える為には「どのように夢に向かっていくか計画を立てる」ことの大切を伝えました。うまくいかない時には努力の仕方を考えることが大切だと伝えた後に、「夢は叶うかわからない。でも努力をしないと叶わない。真剣に失敗することで「経験」を積むことでき、やがて夢を叶えられると思うので、自分の夢に向かって失敗を恐れずに、全力でチャレンジしていってください」とメッセージを伝えました。

photo

photo