スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2016.10.31

宮城県 気仙沼市立小泉小学校 5年1組

安廣 一哉

夢先生
安廣 一哉(K-1)

photo

宮城県気仙沼市立小泉小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、空手家で元K-1選手としても活躍した経歴を持つ安廣一哉氏。
「ゲームの時間」では、安廣さんが自慢のキックで板を割るパフォーマンスを披露。児童達から大きな歓声が上がるとその後は一緒にゲームに挑戦。なかなかうまくいかず、真剣になれない児童達。しかし時間とともに声が出始め、最後はみんなが本気になることができました。児童達はゲームを通して、「本気になることの大切さ」を学びました。
「トークの時間」では、安廣さんが夢に挑戦し、叶えるまでの話をしてくれました。友人の誘いでバドミントンを始めた安廣さん。楽しいことを一生懸命続けることで、あきらめない心が身に付きました。その後、「強くなりたい」と始めた空手。そこでも全力で目標向かって進み、25歳でK-1デビュー。そのすべてが全部繋がっていると話し、「今の自分がどう過ごすかで未来は変わる。自分は目の前にことをいつも一生懸命やってきたからこそ夢に繋がった。だからみんなも今目の前にあることを全力であきらめずに挑戦していってほしい」とメッセージを送りました。

photo

photo