スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2016.10.28

宮城県 名取市立愛島小学校 5年3組

桧野 真奈美

夢先生
桧野 真奈美(ボブスレー)

photo

宮城県名取市立愛島小学校5年3組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、ボブスレー女子日本代表としてトリノ、バンクバーと2度のオリンピック出場経験を持つ桧野真奈美さん。
「ゲームの時間」では桧野さんと児童がゲームに挑戦。上手くいかないときはみんなで作戦を立てて再挑戦して見事にクリアしました。桧野さんは「一人でやるよりみんなでやる方が難しい。でも上手くいったときは一人の時よりもみんなとやった方が嬉しい。協力すると嬉しいと覚えてください」まとめの言葉を伝えました。
「トークの時間」では、ケガを乗り越えてオリンピックに出場するまでの話を様々なエピソードを交えて披露しました。最後に桧野さんから「失敗したときにあきらめたらそれは挫折になる。しかしあきらめずに全力で挑戦を続ければ夢に近づくことができます」と児童にメッセージが贈られました。

photo

photo