スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

スポーツ笑顔の教室実施一覧
(PDFダウンロード)

2017年  

2016年  

2015年  

2014年  

2013年  

2012年  

2011年  

  • 2011_12
  • 2011_11
  • 2011_10
  • 2011_09

2016.10.04

宮城県 気仙沼市立小泉中学校 1・2年1組

富田 宇宙

夢先生
富田 宇宙(水泳障がい者競泳)

photo

宮城県気仙沼市立小泉中学校1・2年1組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、視覚障がい者水泳の富田宇宙選手。
「ゲームの時間」では、富田さんと生徒達が1つのチームとなりゲームに挑戦しました。うまくいかない時は、皆で意見交換をしアイデアを合わせ、協力する事でゲームをクリアしていきました。まとめの言葉で富田さんは「初めはうまくいくか不安だったけど、困った時に声を掛けて助けてくれて嬉しかったです。協力することは大切なのでこれからも続けていって下さい。」と35分間を振り返りました。
「トークの時間」では、富田さんが視覚障がい者水泳を始めたきっかけや、現在も夢に向かっている話を披露しました。高校生のある日、突然病気で目が見えなくなると伝えられた時に周りのみんなが励まして支えてくれたと周りの人の支えの大切さを伝え、目標を持つことの大切さ、そこに向かってみんなで協力し、挑戦することが大切だと語り掛けました。最後に「大切な人と夢を共有する。自分がこうなりたい、こうしたいと思うことを周りの人に話をすること。話をすることで周りの人が協力してくれて自分の環境が変わっていく。自分の夢を周りの人にどんどん伝えていって下さい。」と生徒達へメッセージを伝えました。

photo

photo