スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2016.09.30

宮城県 塩竈市立杉の入小学校 5年1組

佐伯 美香

夢先生
佐伯 美香(ビーチバレー)

photo

宮城県塩竈市立杉の入小学校の5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、バレーボールとビーチバレーで合わせて3度のオリンピックに出場した佐伯美香さん。
「ゲームの時間」では、デモンストレーションとしてバレーのアタックを披露。その後は児童達と佐伯さんが1つのチームになりゲームに挑戦しました。良い作戦は立っていたものの、なかなかうまくいきませんでしたが、段々と声を掛け合い、最後はクリアしました。 ゲームの時間のまとめでは、「ゲームでもなんでもそうですが、最後まで気を抜かないことが大切なので、これからの生活にも活かしてください」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、小学5年生からバレーボールを始め、常にバレーボール中心の生活送ってきた佐伯さん。アトランタ五輪に出場したものの思うような成績が出ずに「もう一度オリンピックに出たい」という夢を持ちました。バレーボールからビーチバレーに転向し、「自分を信じる」、「あきらめない気持ち」を大切にして努力を続け、シドニー五輪出場、4位入賞の成績を収めました。
まとめの言葉で佐伯さんは「色々なことに挑戦して自分の特徴を知ることが大切。夢を叶えることが出来たのは、目の前の目標を全力で、あきらめずに頑張ることが出来たから。周りの人への感謝を忘れずに自分の可能性を信じて頑張って下さい。」とメッセージを送りました。

photo

photo