スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.09.20

岩手県 野田村立野田中学校 2年A・B組

立川 隆史

夢先生
立川 隆史(野球)

photo

岩手県野田村立野田中学校2年A・B組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロ野球選手の立川隆史さん。
「ゲームの時間」では、まず始めに立川さんがデモンストレーションとしてバッティングを披露しました。ボールスピードと鋭い弾道に生徒達からは拍手と驚きの声が上がっていました。その後は立川さんと生徒達が1つのチームとなりゲームに挑戦しました。うまくいかない時は、皆で意見交換をしアイデアを合わせ、協力する事でゲームをクリアしていきました。まとめの言葉で立川さんは「ユーモアがあってとても良い雰囲気だと思いました。今後もどんどん意見を出していって下さい。」と35分間を振り返りました。
「トークの時間」では、立川さんが野球を始めたきっかけや、夢を叶えるまでの話を披露しました。目標を設定し、毎日目標に向けて、積み重ねていくことが大切だと伝え、楽しいことは続けることが出来るので考え方を変えて楽しめる環境を自分自身で作ることも大切にしてほしいと語り掛けました。最後に、「失敗を恐れずに挑戦する。恥ずかしい場面でも、難しい場面でも失敗したことが自分の経験になる。今のうちにたくさん失敗して自分の力にしてほしい。それを続けることで成功につながり、自信につながる。」と生徒達へメッセージを伝えました。

photo

photo