スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.09.14

福島県 楢葉町立楢葉中学校 1・2年1組

青木 愛

夢先生
青木 愛(シンクロナイズドスイミング)

photo

福島県楢葉町立楢葉中学校1・2年1組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、シンクロナイズドスイミング元日本代表で北京オリンピックに出場した青木愛さん。
「ゲームの時間」では、青木さんと生徒が一緒に様々なゲームに挑戦。初めはなかなかうまくいかなかったゲームも、何度もみんなで話し合い、それを実行することによって課題をクリア。有意義な時間を過ごしました。
「トークの時間」では、青木さんが小学校2年生でシンクロを始め、北京オリンピックに出場するまでの話をしてくれました。シンクロを辞めたいと思ったことや、肩の怪我で代表を辞退したことなどたくさんの辛いことがありましたが、夢があったから乗り越えられたと話し、「夢を叶えるためにはとにかくあきらめないことが大切。もし壁にぶつかっても考えて努力して乗り越えてほしい。まだ夢がない人は色々なことにチャレンジしてみよう。まずはやってみないとわからない。やってみると自分に向いていることが見つかったり、夢や目標が見つかると思う。みんなのことを応援しています」とメッセージを送りました。

photo

photo