スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.08.26

岩手県 宮古市立鍬ヶ崎小学校 5年1組

下村 東美

夢先生
下村 東美(サッカー)

photo

岩手県宮古市立鍬ヶ崎小学校5年生を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。夢先生を努めたのは元プロサッカー選手の下村東美さん。
体育館でのゲームの時間では、冒頭に、サッカークラブに通う児童とのボール回しと、迫力あるシュートをマットに蹴り入れ、プロが打つシュートの威力とスピードを披露しました。
その後は下村さんと児童が一緒になってゲームに挑戦。どうしたらクリアできるかと皆で作戦を立てながら頑張り、ゲームの時間を楽しみました。「はじめの皆の力は20点くらいのところからスタートをして、最後は80~90点くらいまでになれていたと思う。皆で力を合わせて取り組んだからこそできた事。この先も個人で頑張る時、グループで頑張る時と色々な場面があると思う。目的に向かってまわりと協力をして進む事はとても大切。」という話をしました。
教室でのトークの時間では、下村さんがサッカーと出会い、様々な経験をした事を児童に伝えました。子供の頃はプロサッカー選手になれるという可能性や予感は全く無かったと自信を持って言えるという下村さん。「何事も1日1日の積み重ねが大切。大きくなりたいからといって10年分のご飯を一気に食べてもすぐには大きくなれない。少しずつ目の前の目標をこなしていく事が大切。」というメッセージを送りました。

photo

photo