スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.09.06

岩手県 洋野町立種市中学校 2年A組

小林 祐梨子

夢先生
小林 祐梨子(陸上競技)

photo

岩手県洋野町立種市中学校2年A組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元陸上選手の小林祐梨子さん。
「ゲームの時間」では、生徒の皆と一緒になって様々なゲームに挑戦しました。はじめは難しいルールのゲームに苦戦しましたが、皆で作戦を立てて見事にクリアすることができました。小林さんは意見を声に出すことはこのゲームの時間に限らず普段の生活でも大切な事だと伝えました。
「トークの時間」では、運動神経は無いけれど走ることは得意かもしれないと思った子供時代の話にはじまり、恩師から渡された一枚の紙に、大・中・小の目標を書いて、それに向かって努力を積んだ事、そしてその方法は今でも続けているという事など、オリンピック出場に至るまでの様々なエピソードを生徒たちに話しました。
「プラスの言葉を放つと周りにもプラスの考えを持った人たちが集まってくるものだと思う。人との出会いを大切にしてほしい」とメッセージを伝えました。

photo

photo