スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.08.29

青森県 八戸市立下長小学校 5年1組

牛尾 洋人

夢先生
牛尾 洋人(ビーチバレー)

photo

青森県八戸市立下長小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。夢先生を務めたのは、元ビーチバレー選手で、現デフビーチバレー日本代表監督の牛尾洋人さん。
「ゲームの時間」では、児童と牛尾さんが一緒のチームになって、ゲームにチャレンジしました。次々とゲームをクリアしていった児童に対して、ゲームの時間のまとめで牛尾さんは「みんなで全力で考えて、自分たちの意見を出し合って、解決方法を見つけ出せたことで、チームとしてまとまってクリア出来たと思います」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、牛尾さんがビーチバレーを始めるまでの話や、夢を持ったきっかけ、夢に向かうまでの話を披露しました。途中、様々な困難がある中で、頑張ることが出来たのは「自分で決めた夢があったから」だと、児童に伝えました。そして授業のまとめでは「決められた時間の中で、自分のやりたいことに向かって"全力で取り組む"事は大切です。夢を持っている人は夢に向かって、まだ夢を持っていない人はこれから見つけて、”全力”で”前向き”に取り組んでいってください」とメッセージを伝えました。

photo

photo