スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

古田 史郎先生のレポート

一覧へ

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.08.24

岩手県 久慈市立大川目小学校 5年1組

古田 史郎

夢先生
古田 史郎(バレーボール)

photo

岩手県久慈市立大川目小学校の5年生の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、バレーボールVリーグ ジェイテクトSTINGS所属の古田史郎選手。
「ゲームの時間」では、まずはじめにバレーボールを使い、児童たちの目の前で強烈なスパイクを披露しました。体育館の天井までにも弾んだボールの迫力に児童たちはとても驚いた様子で魅了されていました。その後は古田選手と児童が1つのチームになりゲームにチャレンジしました。色々な意見交換をして協力する事で見事にゲームをクリアしました。古田選手は「諦めないでチャレンジして出来た事はとても素晴らしい。この事は次の授業の時間からも生かせるものだと思います。」という感想を児童たちへ伝えました。
「トークの時間」では、小学3年生の時にバレーボールに出会い、大好きなスポーツになった事、数々の怪我や挫折を乗り越えながらの選手人生の話を児童たちへ伝えました。チームが優勝して日本一になるという夢に向かって今も進み続けている古田選手。「小学校5年生の皆が夢を持っているという事はとても素晴らしいと思う。皆で夢に向かって頑張ろう」というメッセージを送りました。

photo

photo