スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.07.15

宮城県 利府町立利府小学校 5年3組

諸隈 直樹

夢先生
諸隈 直樹(バレーボール)

photo

宮城県利府町立利府小学校5年3組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元バレーボール日本代表の諸隈直樹さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に諸隈さんが迫力あるスパイクを披露。児童たちは大きな歓声をあげていました。
その後は、諸隈さんと児童たちがゲームに挑戦。作戦タイムではアイディアを出しながらお互いに協力し、何度もチャレンジして、最後にはチーム一丸となって見事にクリアをしていました。
「トーク時間」では、諸隈さんがバレーボールを始めた小学5年生の時の話から始まりました。
諸隈さんは、「バレーボールを始めた当初は、いきなり夢や目標があったわけではなく、続けていくうちに”日本一になりたい””全日本代表になりたい”という夢ができた。また、辛いことや苦しいことがあっても、もう一度頑張ろうと思うことができたのは、夢や目標があったから。だから、夢や目標ができたら、諦めない心を持つこと・仲間を大切にすること・そして夢や目標に向かって、絶えず行動することを大切にして欲しい」とメッセージを送りました。

photo

photo