スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.06.09

茨城県 鹿嶋市立三笠小学校 5年4組

一色 翔太

夢先生
一色 翔太(バスケットボール)

photo

茨城県鹿嶋市立三笠小学校5年4組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。夢先生を務めたのは、プロバスケットボールBリーグのサイバーダイン茨城ロボッツ所属の一色翔太選手。
「ゲームの時間」の冒頭には、デモンストレーションでドリブルやシュートを披露しました。推定20メートルの超ロングシュートが決まると児童からは歓声が上がりました。
その後は、児童と一緒にゲームに参加しました。ゲームの時間のまとめでは 「最初は思うようにはいかなかったけど、その時に全員が出来る作戦を立てたところが、思いやりがあるなぁと思いました。素晴らしいことだと思うのでこれからも続けて欲しいです」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、一色選手が夢を持ったきっかけや、夢をかなえるまでの話を披露しました。バスケットボールの本場アメリカで憧れの選手と出会いその日から常にバスケットボールのことを考えて練習に励んだ話や、練習を重ねることで自分に自信がついた時の話などをしました。トークの時間のまとめでは「努力をすると、努力をした分の自信がつきます。努力を重ねて、自分に自信をつけながら、支えてくれている人たちへの感謝の気持ちを忘れずに、夢や目標に向かって行ってください」とメッセージを送りました。

photo

photo