スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2016.06.01

福島県 田村市立船引小学校 5年4組

江口 晃生

夢先生
江口 晃生(ボートレース)

photo

福島県田村市立船引小学校5年4組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、モーターボートレースの江口晃生さん。
「ゲームの時間」では、江口さんと児童たちが一緒にゲームに挑戦。最初から最後まで元気いっぱいに全力で取り組んだ児童達でしたが、なかなか課題をクリアできない時間が続きました。しかし、作戦を立てたことでみんなが同じ方向を向き、あきらめなかったことで最後は見事にクリアすることが出来ました。
「トークの時間」では、スポーツが大好きな少年だった江口さんが、「スポーツで日本一」という夢に向かっていく話をしました。中学校まで続けた野球では、体が小さいということもありレギュラーになることができず、その後始めた水球でも日本一にはなれませんでした。しかし、結果はどうであれ「続けた」ことが自信になり、その後モータボートレース日本一になることができたと話し、「夢に向かって大切なことは、失敗を恐れずに続けていくこと。成功の反対は失敗ではなく、何もしないこと。自分のキャッチフレーズでもある「恐れるな挑め」という言葉を忘れずに、みんなにはこれからどんどんチャレンジしていってほしい。それぞれの素敵な夢に向かって頑張っていってください」とメッセージを送りました。

photo

photo